2018年03月06日

*読書日記『サイモンVS人類平等化計画』

いつもお世話になっております、児童書読書日記さんの紹介本です。
そろそろ参考リンクとしてサイドバー辺りにリンク貼らないといけないんじゃないかと思ってます。

さて、サイモンVS人類平等化計画です。
サイモンは同性愛者で、そのことはメール友達のブルーにしか伝えていません。
しかし、ある日突然同級生のマーティンにメールのやりとりを知られてしまいます。
そして脅迫されるのです、アウティングされたくなければアビー(学内のスター)を紹介しろと。

さあ大変です、サイモンがバラされるのは別にいいとして、
ブルーがそのことを知ったら慎重な彼はメールをしてくれなくなるかもしれないからです。
そんなわけで色々ゴタゴタするという話です。

なんというか、向こうの(アメリカの)LGBTについての理解の広さ(深いとは言わない)を感じました。
途中サイモンはマーティンによってゲイであることを学内中にバラされてしまうのですが、
そこで大していじめられらず、(個人の意思とは反して)守られるという点です。
同性愛系に詳しい本屋もあるらしいし、すごいなと思いました。

ああそうだ、人類平等化計画というのは、同性愛者だけがカミングアウトしなきゃいけない
というのは不平等だから、ストレート(ノンケ)であることを表明するべきだというものです。
ついでに人種も表明するべきだというのはブルーの言。
おっしゃる通りです。
ちなみに私はストレートで、アジア系です。
posted by はぴたん at 19:32| Comment(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください