2017年02月05日

*読書日記『殺人者たちの王』バリー・ライガ

さよならシリアルキラーの続編。
大量殺人鬼の父親に育てられた青年ジャズが連続殺人事件を解決していく話です。
ジャズには彼女のコニーを大切にして欲しい、というのが前作の感想でしたが
あの聡明で優しかったコニーがあんな風になるなんて・・・という感じです。

作者はかなり名前というものを重視している気がします。
小説の始まる前に登場人物名の説明があるのですが、そこにコニーの家族の
名前を出しておいて、冒頭直後に同じ名前の違うキャラクターを殺しています。
そういえば、ジャズの父親はビリーという名前ですが、ジャズの父親代わりに
あたる人はウィリアムズという名前です。
(ビリーはウィリアムズという名前の省略形)

この名前にこだわる作者が次の最終巻でどんなまとめをして来るのか楽しみです。
そんなこんなで本を読みつつまた裁縫もしています。
今日は朝からダッフィーのセーラー服を作ってました。
ハート柄に茶色とバレンタイン要素を散りばめたつもりなんですが、
あんまりバレンタインっぽくまらなかったのが残念。
バレンタインらしさとは何かというところですね。

image.jpegimage.jpeg
posted by はぴたん at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック