2016年03月01日

[認知]否定のプロセス

『子どもを生きればおとなになれる』というクラウディア・ブラックの書いたAC本がちょっと良い感じだったので、
この本で提示されている課題を実際にブログに書いていこうかと思います。
手元に本が無くて正確な引用は出来ませんが、まずは1章から順にやってこうと思います。
Q:どんなことなら実家で抵抗なく話題に出せたか
A:良いニュース、明るい話題、アニメの感想、楽しいこと
 抽象的なので具体的にしたいな。
具体的には?
 何か欲しい系の話題は結構簡単に口に出せたと思います。
 逆に学校のこと、ネガティブな話題は話題にしなかった覚えがあります。
 体調のことや、疲れたといった生理的なこともアウトだったか。
昔、姉が体調悪いと話していたら父が突然怒り出したことがありました。
恐らく自分のことを責められたと感じたんでしょう。
何か嫌だと言うことや、否定的な話題は誰かさんの機嫌を損ねるので暗黙の了解として言わなかったな。

否定的な話題を避けるっていうのは典型的かもしれない。
少しでも批評的に物事を見られたら親の不条理さに目が行ってしまうので、避けたかったんじゃないだろうか。
良い面しか取り上げないことで、家庭のダメな点について話し合う機会もなくなる。
「良いと言えなければ黙っていろ」ということかな。

もうちょっと掘り下げるのはまた今度。
とりあえずブログの記事に出来たので満足です。
posted by はぴたん at 18:38| Comment(0) | 毒親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください