2017年07月02日

亡くなった父に手紙を書いた

虐待した親への手紙を書くという機会があったにで、父に宛てて手紙を書いてみました。
楽しい話じゃないですが、ブログのネタにはぴったりかなと思いまして公開します。
公開するにあたって若干のフェイクは入れてあります。


父へ
まずは、私にコメニウスの世界図絵を教えてくれてありがとう。
読書が好きになったことはあなたの残した数少ない遺産の一つです。
そしてあなたが小学5年生だった私に灰皿を投げたことを忘れているという事実を皮肉を込めておめでとうと言いたいです。
幸せに死ぬことが出来て良かったですね。
私はあなたのおかげで酷い目に遭いました。

あの日、母と姉とで映画「AI」を見に行った日の夕ご飯の時、私は何かの拍子であなたの機嫌を損ねてしまいました。
そして、パソコンの前に座っていた私はあなたに灰皿を投げられました。
(以下灰皿事件と略しますね)一体私の何が悪くて灰皿を投げられるほど父の機嫌を損ねてしまったのか、それは何度思い返そうとしても思い出せませんし、あなたが亡くなっている以上それを知ることは不可能に近いです。

投げられた灰皿は不幸にも私に当たりませんでした。
あの時私に当たっていれば、医者にかかっていれば、虐待として通告されてあなた方父母から離れられたかもしれません。
でも運悪く灰皿は私の後ろにあったパソコンのモニターに当たりました。
翌日パソコンを起動させた時のねじ曲がった画面を私は今もありありと思い出すことが出来ます。
他にも、ただ「この部屋は寒いね」と言っただけで不機嫌になってしまったり、「テレビの音量を下げてもいい?」と訊いただけで怒り出して家を出ていったあなたは立派な精神的虐待をしてきました。

もし灰皿事件が、虐待として児童相談所に通告され、あなた方から離れることが出来たら私は今頃もう少しまともに働けていたかもしれません。

あの灰皿事件で父親を慕う小さい女の子は実質的に殺されてしまい、残ったのは権威のある男性に怯える発達障害の子供だけでした。
今の現代社会で、たいがいの会社の「上司」と言えば年上で権威のある男性がほとんどですよね。
そういう属性の人が怖くなってしまったら、普通の会社で働くことはかなり難しくなります。
それが特に作業・動作面で障害のある発達障害者であったら、なおさら働くことに困難が生じます。

ここで私の職歴の話をしましょう。
大学を卒業して新卒で入った会社では、まだ私の発達障害は判明していませんでした。ただ、大事な場面で遅刻をしてしまう役立たずの法人営業担当でした。
この会社では有り難いことに上司が定年間近で、気性も穏やかでポンコツの私を優しく見守って育ててくれました。
ところが、その上司が定年退職をしてしまった後、新しく上司となった人は前の上司より少し厳しい人でした。
その上司に代わってから私は悪夢を見ることが増え、「ごめんないさい!」という自分の寝言で目覚めることが頻繁に発生しました。
以前から事務職に興味を持っていたこともあり、私はその会社を退職し、事務職に転向をしました。

事務職として入った会社でも、やはり上司は男性でした。面接の時から少し目が鋭い印象を持っていましたが、その上司がどうしても私の父とかぶって見えるようになっていきました。
というのも、ワーキングメモリーが弱くマルチタスクが苦手である私には、事務職が向いていなかったようで、何かと失敗する私に対してその上司がパワーハラスメントを行なってくるようになったからです。
そしてある日、突然会社に行けなくなった私は、鬱病と発達障害と診断され、そのまま会社を退職しました。

鬱も回復してきた頃、職業訓練校を経て私はパソコンのヘルプデスクのテレフォンオペレーターとして働き始めました。
そこでは、上司は男性でしたが年齢若かったこと、また言語能力が高いという私の発達特性を生かして順調に働くことが出来ていました。
ところが、この年父親であるあなたは突然がんで亡くなってしまいましたね。
それがきっかけで鬱が再発し、私は退職をしました。
今はやっと精神障害者を対象としたB型作業所で少しずつ働き始めたところです。

そこでも過去に受けた精神的虐待やパワーハラスメントのフラッシュバックに苦しんでいます。

あなたが末期のガンであることを最後まで家族に隠して、もう限界と言うところになってやっと連絡を寄越してきたことを、私は未だに腹立たしく思っています。
どうせなら最後までちゃんと隠し通して死んでいって欲しかったというのが私の本音です。
自分のがんが発覚した時点で家族に相談報告をしなかったという点で、あなたは家族に看取られる必要はなかったと思います。

あなたがまだギリギリ生きていて、私がお見舞いに行った時、私はあなたに灰皿事件のことを覚えているかを尋ねました。
あなたは覚えていないと言いましたね。でも、ごめんなさいと言いました。
実はその謝罪も私の心にはあまり響きませんでした。
というのも、遡ること数年前に私はあなたに同じ質問をしていたからです。
その時の返事も「覚えていない、ごめんなさい」でした。
以前に同じ質問をされているにもかかわらず、あなたは覚えていない。
それはつまり、灰皿事件というのはあなたにとって本当に些末なことだったのだと私は理解しました。
そしてその瞬間、私は幻想の父親を父に求めていたことに気付いたのです。
それはちょうどミッキーマウスに中の人なんていないと信じていたのに、ある日ミッキーマウスの中から人が出てくるところを目撃してしまうようなものでした。
私の幻想はこういう形で崩れ去ったのです。

私がお見舞いに行った時、あなたはひげも髪もボサボサで、私には「知らないおじいちゃん」という印象しか受けませんでした。
だから、あなたの看取りについて興味がなかったのは、仕方のないことだったと思います。
私以外の家族はきちんとあなたを看取ったようですが、私にはもう「知らないおじいちゃん」の死でしかありませんでしたから。

あなたが亡くなった時点で、私はもう実家から離れて何年も経っていました。
だから、あなたが亡くなったことが会社を辞めなくてはいけないほどメンタルに影響するとは正直思っていませんでした。
それでも、会社帰りの電車の中で毎日泣いたり、立ちくらみがして一駅ごとに降りなければいけないほどつらい時期が続いて、私は退職を決めました。

正直に言うと、私はもうまともに働くことが出来ないと思います。
今現在私は、B型作業所に通っていますが、そこを安住の地として、デイケアを併用しながら生きていければいいかなと思います。
今後私がフラッシュバックに耐えながら、不器用なりにフルタイムで働くなんて今の私には到底無理だと思うからです。

あなたは長年に渡って私に精神的虐待をしてきました。
その分私のトラウマ記憶は根が深く、PTSDの治療(EMDR)を二年受けても、フラッシュバックはあまり快方に向かいませんでした。
発達障害によるトラウマ記憶だけならともかく、幼年期から長年受けてきたトラウマ的な経験をどうにかできるとは私は思っていません。

私はもっとあなたに愛されたかったし、優しく扱われたかったんです。
突然の不機嫌に振り回されて、周りの人の表情を伺うような生活はしたくなかった。
ねえ、返して下さいよ。私の幸せな幼年期や学童期や思春期はあなたに奪われたようなものなんですから。
私の経験がもっと幸せで優しくて甘いものが多かったら、学校でのいじめや会社でのパワーハラスメントにも耐えることが出来たかもしれないんですから。

そもそもパワーハラスメントを受けることさえなかったかもしれないと思うと、あなたには本当に腹が立ちます。
確かにあなたは、当時私が憧れていたキャンピングカーでの宿泊体験やチェコへの旅行など、なかなか経験し得ないことも与えてくれました。
それには感謝しています。
でもそれ以上にあなたの残した負債は私にとって大きなものなものなのです。
その負債を抱えながら私は生きていかなければなりません。
この苦痛をあなたは理解することができますか?

確かにあなたは何かしらの苦しみを抱えていたんでしょう、きっとお酒に逃げなければいけないほどの何かを。
でもそれをぶつける相手は私ではなく、医者やカウンセラー等の支援者であるべきでした。
不機嫌で私をコントロールしたあなたは本物の毒親です。
おめでとう、良かったですね。

そうそう、あなたを看取ってくれた優しい優しい家族とは絶遠しました。
私にとってあまりいい影響を与えてくれそうになかったからです。
私は私にとって居心地のいい人たちに囲まれて「今」「ここ」で幸せに生活しています。
さようなら、ありがとう。
そしていなくなってくれて本当にありがとう。
posted by はぴたん at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 毒親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする