2017年07月24日

うさぎ小屋に閉じ込められた話(半分実話の小説)

うさぎ小屋に閉じこめられた。しかも汚い方に。
外から鍵を掛けられた時、私はユーゴやユウタに泣きながら「開けてくれ」と頼んだ。
あいつらはそんな私の真似をしながら笑って喜んで去って行った。
私をうさぎ小屋に残して。

しゃがみ込んで泣いた。なんで飼育係になんてなっちゃったんだろう、何であいつらと一緒にうさぎ小屋の掃除を始めちゃったんだろう、なんで私だけ中に入ったままでいたんだろう、こっちの小屋の金網は指しか通らないのになんでここの掃除を担当しちゃったんだろう。バカな自分、バカバカバカ。
うさぎ小屋の隅で一通り泣いていた私は、ふと疲れを覚えて汚いうさぎ小屋の床に座り込んだ。

その時だった、ふっと入り口の方に目をやると淡い光と共にスキッパーがいた。
ハリネズミみたいなツンツン頭をして、黄色いサマーセーターを着て、茶色のズボンを履いて、片手には本さえ持っている。
あのシリーズのスキッパーだ。間違いない。

思わず立ち上がって天井に頭をぶつけてしまった。汚い方のうさぎ小屋はきれいな広い方と違って天井が低くて、私だとまともに立てないんだった。
でもそんなことはどうでも良かった。
何故かは分からないけどスキッパーがここにいる。ただそれだけで何だか助かった気がした。

「ねえスキッパーでしょ、私は裕子って言うの。助けてよ」
私がスキッパーに話しかけると、スキッパーは私の隣に来て座り込んだ。

「裕子。聞いて僕には君を助けることが出来ない。今は夏休みだ、しかももう夕方。たぶんもう誰も来ないよ。でも大丈夫だ、夏休みの間プールがあるだろう、その時にうさぎ小屋を見に来る人がいるかもしれない。その時に助けてもらおう」
スキッパーから差し出された手に私は縋るように手を伸ばした。スキッパーは私より年下だから、ちょっと手は小さいけど、でも温かだった。

「スキッパー、私助かるのかな。お父さんもお母さんも多分私が何日かいなくなっても気付かないよ。それに学校のプールとうさぎ小屋はずいぶん離れてるんだよ、誰も来ようとしないんじゃないかなあ」
「大丈夫だよ、だって校庭で一番涼しいのは木が茂っているこの辺りだろう? プールが始まる前にやってきて涼みに来る人はいるはずだよ」
そう聞くと、なんだかそうかもしれないと思えるようになった。

立ち上がった気配を感じて私は隣のスキッパーを見た。
そうか、スキッパーは私より少し小さいからちゃんと立ち上がれるんだね、そう言おうと思った瞬間、スキッパーは現れた時と同じように、ほのかな光を発しながら消えていくところだった。
「ねえ待ってよ、せめて一緒にいて!」
「君はもう大丈夫、大事なのは体力を温存すること、汗をかかないことだよ、また本の中で会おう」
最後の「会おう」あたりではスキッパーはほとんど光しか見えなくなっていたけど、確かに声は聞こえた。

ああ行ってしまった、もしかして夢だったのかもしれない、そう考えたらまた泣きそうになった。
でも涙で余計な水分を出すのはだめだと思った、だからうさぎのキャベツをちょうだいすることにした。
さっき掃除して、置いたばかりだからまだそんなに汚くない、「大丈夫、汚くない汚くない」そう念じてキャベツを1/2枚食べた。

キャベツを食べたらちょっと落ち着いてきた。
さっきスキッパーは学校のプールのことを言っていた。
今日は月曜日、プールは毎週月曜と水曜と金曜日に開かれるだったはずだ。
だから次にチャンスが来るとしたら明後日の水曜日、明日はきっと誰も来ないだろう。
そうすると体力を温存しておいた方が良いという気がしてきた。

朝見た天気予報では明日は晴れの予報。
屋根がないから雨が降らないのは有り難いけど、暑くなるのが心配だった。
確かにこの辺りは桜の木やイチョウの木が茂っているから、校庭のどこの場所より涼しいはずだ。
でも昼間に何時間もここにいたことがないから、正直言ってよく分からない。

分からないことが不安を呼ぶ、また泣きそうだったから腕を噛んでこらえた。
スキッパー、怖いよ、傍にいてよ。私は小さくつぶやいた。

朝、だった。
いつの間にか眠っていたらしい。うさぎがモシャモシャとキャベツを食べている。
私も半分もらうことにした。

私は飼育係なのにうさぎをじっくり見たことがあまりなかった。
小さな口でガリガリとキャベツかじってはモグモグと口を動かす。
口を動かしている最中でもどんどんキャベツをかじる。
いつ飲み込んでるんだろうと言うくらい、常に口を動かしていた。

私もそれくらいたくさん噛めばお腹が膨れるかなと思って、とにかく噛むようにした。
キャベツを半枚食べたけど、お腹は膨れなかった。

その日は暑かった。確かに直射日光は当たらないけど、木が多いせいかとにかく蒸す。しかも風がない。
腕の傷を隠すために毎日長袖を着ていたけれど、一枚脱がざるを得ないと思った。
どうせ誰も見ないんだ、別に良いだろう。

日差しが強くなった気がする、昼近くなってきたのかもしれない。
暑さもつらいけれど、もっと辛くなってきたのは空腹感。じりじりとお腹が刺激される気がする。
最後に食べたのは昨日のお昼の素麺だから仕方ない。
昔読んだサバイバル本に水がなくても3日は保つと書いてあった気がする。
うさぎ小屋の水は飲めない、きれいじゃないから飲みたくないっていうのもあるけど、うさぎの水を奪うわけにはいかない。

仕方ないから右手の爪をかじって食べる。
痛みを感じる直前まで爪をかじり取って、爪の下にある柔らかい肌を食べる。
やっぱりお腹は膨れない。
左手の方もかじろうかと思ったけど、夕方食べようと思いあきらめた。

暑い、小屋の中のうさぎのフンをできるだけ隅に集めた。
洋服をたくし上げて、うつ伏せになる。
素肌のお腹にコンクリートがちょっとひんやりして気持ちいい。
そんなことをしていたらまた時間が過ぎていたらしい、夕方だった。
今日はやっぱりだれも来なかったなと当然のように思う自分がちょっと強くなった気がした。

暗くなってきたからまたキャベツをもらう。
うさぎはまたかという顔をしながらも私にキャベツを譲ってくれる。
キャベツはとにかくよく噛んで、液状になってから飲み込む。
それから爪と皮膚とかじってデザートにした。

中途半端に何か食べると余計にお腹が空く気がするな。
そんなことを感じながら長袖を着て、ぼんやりとする。明日のことを考えなきゃ。
プールは何時から始まるんだろう、プールが始まったらキャアキャア声がするから、多分私がどんなに叫んでもかき消されてしまう。
だとしたら朝一番のまだ静かな時間に人の気配を感じたときに叫ぶしかない。
誰かが来た気配がしたら全力で声を出す。
なにかしら聞こえればもしかして誰かが来てくれるかもしれない。
これを逃したら次はまた明後日だ。
キャベツも水分も金曜まで保つか分からない、多分保たないだろうと思う。

私はどれくらい声が出せるんだろう、試しておこうと思った。
昔授業で習ったことがある。
「キャー」とか「助けてー」とかだと子供がふざけてると思われるかもしれないから、「火事だ!」とか「泥棒だ!」とかが良いと言っていた。
叫んでみよう、うさぎにはびっくりさせて申し訳ないけど、一回練習しておきたくなった。

「火事だ!」
だめだ、なんか足りない気がする。もう一度叫んでみよう。
深く息を吸って、「火事だー!!」
何か遠くで声が聞こえた気がした。

しばらくして校舎の方に明かりがついた。
誰かが来たらしい。
警備員の人がこちらにやってきた、キョロキョロと周りを見ている。
「おじさーん! 私ここにいるの、助けて!」
警備員のおじさんがうさぎ小屋の方に来た。
私を見つけてびっくりしているようだった。
「君、いつからそこにいたの? なんでこんなところにいるの?」
「私は5年1組の桜井裕子です。色々あってここに閉じこめられちゃったんです・・・」



ここから先のことは正直に言ってよく覚えていない。
火事だという私の声を近所の人が聞いて、警備員さんがやってきたそうだ。
その後、私は軽い脱水で病院に運ばれたんだけれど、それからのことはあまり覚えていない。
病院内でお父さんが看護士さんに怒鳴っていて、「おいおい怒鳴る相手を間違ってるよ」と思ったこと。
遅れてやってきたお母さんが、眠っている私の腕の傷をなでて何処かに行ってしまったこと。
夏休みが終わって学校が始まった後も、学級会という名の私の非を責め立てられる裁判があったこと。
それ以外のこともたくさんあったと思うんだけど、それらは忘れられそうにもないし、同時に思い出したくもない。
posted by はぴたん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語(自作小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

図工室の龍

「おや?」
痛みを感じた時には左手に指先から血が出てきました。
図工の時間に私はひとりだけ彫刻刀を使って作業をしていたのです。
他のみんなは粘土を使ったり、ノコギリを使っていました。

先生がどうしたのとやってきて、私を保健室に連れて行くことになりました。
だからこれからの話は、図工の後の掃除の時間に優ちゃんから聞いた話です。

先生と私が保健室に行った直後、図工準備室から突然龍がやってきたそうです。
図工準備室は暗くて埃っぽくて普段は誰も入ろうとしません。
だから龍がいるなんて誰も知らなかったのです。

龍はちょうど先生が立つような位置から図工室の全員に言いました。
「ここの時間は私が止めた、皆好きなように遊ぶといい」
え、なんでと和也や晴子からは声が上がったそうです、意味がわからないですからね。

「私は何でもできる、その証拠に今から皆にお菓子をプレゼントしよう」
そうすると、机の上にはクッキーやらせんべいやらなんとマカロンまで現れたそうです。
いつもお腹を空かせている迅が真っ先に食べてみました。
「うまい! みんなも食べようよ!」
そうやってみんなは恐る恐るお菓子を食べ始めました。

お菓子を食べていると会話が弾みます、龍のことなんて忘れてみんなはしばらく雑談をしていました。
すると龍は突然「なぜ皆の者はおしゃべりばかりして遊ばないのか」と言いました。
そうです、龍は登場した時に遊べと確かに言っていました。

そこでみんなは好き勝手に図工室の道具を使って遊び始めました。
折り紙で紙吹雪を作る者、糸鋸で奇妙な形を作り出す者。
さっきまで取り組んでいた課題はきれいさっばり、全く違うことをし出しました。
元々学内で一番ガチャガチャしていて落ち着きがないと言われていたクラスの遊びは好き放題でした。

1時間は経ったでしょうか、時計が止まっていたのではっきりとは分かりませんが、
それくらい経ったんじゃないかと優は言います。
優は急に不安になってきました、ここに閉じ込められてしまったからにはもう戻れないんじゃないか。
優は龍の方を見ます、何やら迅が何かを熱心に頼んでるようです。

そして龍はまたもや突然「肉じゃが」をみんなの机の上に置きました。
食べろと言うのです。
仕方なしにみんなは肉じゃがを食べ始めました。
するとどういう訳でしょうか、みんなそれぞれの懐かしい肉じゃがの味がするのです。
迅は肉じゃがにがっつくように食べています。
そしてぽつりと呟きました。
「うまいなあ。お母さんのごはんなんてここ1ヶ月は食べてないよ」

それを聞いたみんなも急に家が恋しくなってきました。
この時間から出して欲しい、勇気を出してそう言ったのは和也でした。

龍は言いました、「では私の絵を描いてくれ。1枚でも気に入るものがあったら出してやろう」
みんなは必死になって絵を描き始めました。
でも誰も龍のお眼鏡に叶う絵を描けません。
みんなは焦りだしました。
そんな中一人悠然と絵を描き続けていた児童がいました。
迅です。
迅は龍には目もくれずに肉じゃがの絵を描いていたのです。
和也は言いました「おい迅、今は龍を描く時間だろ」
大丈夫大丈夫と何も説明しないまま迅は描き続けました。

迅の描いた肉じゃがは、いかにも芋がほっくりとしていて、人参がぽてりと甘そうで、
ジューシーなお肉が本当に何か異様な臨場感のある絵に仕上がりました。

龍は迅の絵を気に入りました。
でもひとつだけ注文が入りました、額縁が欲しいと言うのです。
額縁が?
仕方ありません、全員で作ることになりました。
迅は描ききって満足したのか何もする気配がありません。

まずは額縁だと思ったみんなは、さっき糸鋸で切った端材を大きな紙の上に貼り付けました。
誰かが言いました「額縁ってよく金色だよね」
元の時間に戻りたい、クラスの大半はそう思っていたに違いありません。
なんと偶然にも晴子は金色の折り紙を持っていたのです。

そこで、金色の折り紙を四つ折りにして周りを囲ってみました。
だいぶ額縁っぽくなってきたような気がします。
和也が金色の星シールを持っているというので、四隅にシールを貼りました。

どうでしょうか、とおずおずと和也は龍に見せてみました。
「ほほう、いいじゃないか。お別れだ、これから時間は元に戻る、楽しかったよありがとう」
そう言って龍は唐突に消えてしまいました。

先生と私が保健室にいたのは5分くらいだったと思います
「彫刻刀ってね、みんなで使ってる時には緊張感があるから怪我しにくいんだけど、バラバラで使うとね…」
先生方がそう会話しているのを片目に私は止血のために腕を上げていました。
保健の先生が血の止まったのを確認して、先生と私が図工室に戻って来たという訳です。

戻ってきた時教室中がなんだか妙な雰囲気に包まれているなとは思いました。
やけに熱心にみんな作業をしているのです。普段の様子からは想像もつきません。
だから後片付けもすぐに終わりました、先生が今日はどうしたんだとボソリと呟くほどでした。
私もよく分かりませんと言って図工室を出ました。

その後の給食の時間、迅はふだんより食べる量が少ないような気がしました。
いつも必ずお代わりの列に並ぶのに、並んでなかったからです。

なので、掃除の時間に私は優に聞いたのです「図工の時間に何かあった?」
優は一緒にほうき掛けをしながら説明してくれたのです。
だからか、何かが色々納得できたような気がしました。
posted by はぴたん at 06:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 物語(自作小説) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*読書日記『時間の止まった家: 「要介護」の現場から」関なおみ

明日は我が身と思わされる本です。
舞台は、保健所などから問題ありと要請が来るようなお家。
例えば猫屋敷とか。
関なおみさんはそういう関連の問題を引き受ける区の特別チームにいました。
この本では著者が実際に関わったケースを解説付きで紹介しています。
おそらく何かの雑誌の連載だったようですね。

印象に残ったのは最後の方の女性ホームレスの話。
最初は同じホームレス仲間の兄貴肌の男性と一緒に暮らそうという話になります。
ところが一緒に住んでみるとその男性金払いが悪いとか約束を守らないとかで彼女の方から
別れを切り出します。
最初読み始めた印象では大丈夫かなこの女性は、と思っていたのですが、きちんと
そういう面で対応できていく様子にエンパワメントの重要性を感じました。
posted by はぴたん at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

ファンの皆様、鎌倉文学館に岡田淳の展覧会を見に行こうぜ

岡田淳ファンは鎌倉に行って岡田淳展覧会に行くべしという日記です。
なんと、今日から鎌倉文学館で岡田淳先生の展覧会を開催しているのです。

ということで、行ってきました。

入り口からスキッパー、テンション上がります。

そしてオープニングトーク。
最初の十五分はこそあどの森シリーズについて。
今まで学校を舞台に「行って還る物語」や「誰かが来て戻って行く」お話を
書いていた岡田淳先生、ずっとファンタジーな世界を書きたくなってこそあどの森
シリーズを思いついたとのこと。

最初のふしぎな木の実の料理法はシリーズ物のつもりだったので自己紹介を兼ねて、
二巻目のまよなかの魔女の秘密は魔女のキャラを二巻から新たに出すのは何なので
森の人々から無理矢理設定を考えたということ。
三巻の森のなかの海賊船は最初から描きたいイメージであったこと。
「だってわくわくするでしょう?」と言われて私はブンブン頭を振って同意のポーズ
を示しました。

四話目では基本的にひとりが好きなスキッパーが子供達と遊べるように考えたこと。
それがやっぱり外部の人だと無粋なので、どうにか森の大人達が子供になれるかと
考えた時、不思議な力を持つ樹がサクラだとしっくりくるよねとなったということ。

五巻のミュージカルスパイスは元々ミュージカルが好きな先生が「カタカズラ」の
力を借りて森の人々を歌うように考えたということ。
なんとタカラヅカの並び替えでカタカズラを思いついたとのこと、気づかなかった!

これ書き出したら十二巻全巻分の先生のコメントと感想を書きそうなので駆け足でいきます。
始まりの樹の神話ではここでもやっぱり樹の力を借りて神話を描きたかった。
だれかののぞむものでは、小学校高学年になって塾とかで精一杯になってしまった子供について。
本当は親の意志なんだけど子供の意志だと思い込んでしまって、急にシュンとなってしまう
子供が頭のどこかに居て書いたそうです。

ぬまばあさんのうたは「ばあさん」というフレーズのせいか手を取る人が少ないそうで、
でも切ない話なんですよ。一人の精霊が懸命に生きた物語なんです。
これ森の中の海賊船もユメミザクラの木の下ででもなんですが、ちょくちょく切ないエピソードが
入ってくる、これテストに出ますよ。
これがまた良いんですよね。
何度読んでも電車の中でも泣ける場面があったりして、印象に残る。

あかりの木の魔法ではイツカとドコカという二人組(正確には一人とカワウソ一匹というべき)
が村を訪れるんですが、イツカは腹話術士でカワウソに喋らせるように見えている。
でも「もしかしたら、カワウソが実はフー(だれかののぞむもので登場する妖精)で、実際に話してる
のかもしれない」と作者は考えているそうです。
そうか、その発想はなかった。

霧の森となぞの声からは水の話が続きます。
先生曰く「同じ水の滴る音が人によって違う受け取り方になる。
それって読書体験でも同じだと思うんですけど、それが描きたかった」とのこと。

水の精とふしぎなカヌー、ああこれ先生がなんて仰ってたか忘れてしまった。申し訳ない。
たしか、誰かと誰かが一点で交わりというお話だった気がします、具体的には
スキッパーとトワイエさんが、なんですが、これは読んでみてのお楽しみです。


水の森の秘密では「きれいな水の中の森」というイメージがあって、そこをすいーっと
カヌーが行くというイメージが先行して描かれたそうです。
私のなかでもカヌーが進む様子がイメージできました。

以上、駆け足でこそあどの森のギャラリートークの内容を紹介してみましたが、
ごめんなさい、作品読んでるとか、実際に聞いたとかじゃないと意味不明ですね。
でもこのまま、今日お話を伺ったこのテンションで日記にしたい!と思うのでこのまま
アップしちゃいます。


そして階下に移って後半十五分。
言語化するのに力尽きたので、印象に残ったことだけ書きます。
こそあどの森のシリーズ以外のお話について。

ヤマダさんの庭。
ちょうど定年退職する前の年の十一月に書いたとのこと。
ここに庭があったと再発見するヤマダさんのように、日常生活の中で楽しみを
発見していって欲しいというようなお話でした。

扉の向こうの物語では五十音表を使って物語を紡ぎ出していくんだけれど、五十音表だけだと
なかなか話が進まない、そこで学校の倉庫にある物例えばマリオネットとかを…
って、自著の中でも一番一文字あたりの単価が安い物語だとかって仰るんですかウサギさん。
いや、ウサギさんじゃないですよ、岡田淳先生ですよ。
でも実際に言ってたんですよ、「編集者」に長い話を書いて欲しいと言われて書いたとのこと。
確かにボリュームが大きい話ではあったけど、そんなに単価安いのか。

飛ぶ船と森の石は桜若葉小学校シリーズで、先生の面白いと思うものの検定が出来るんじゃないか
というくらい「面白い」が詰まった本です。
ちょうど二階建ての二階部分くらいの高さをすーっと飛ぶの、プロペラとか羽とか無しで船の形
のままで!
ワクワクするじゃないですか、とのこと。ええ、ワクワクします!
人が何かをやり過ぎて自然がバランスを崩すという環境保護のつもりで書いたというより、
普段からそういうことを考えている上でワクワクを具現化するとこうなりますとのこと。

桜若葉小学校といえば、黄色のスウェットを着たウサギ。
出てくるんですよ、夜の小学校という短編集で。
それを鎌倉文学館が折り紙で再現しているのですが、「よう考えますねえ」とは先生の言。
後で私もつい折ってしまいましたウサギ、うまく作れなかったけど。

行って還る物語や来て戻って行く物語もいいけど、何かが変わって、それをそのままヨシとする
それも良いよねというのがネコとクラリネットふきのお話でした。
それは今回クラリネットふきが音楽をネコに与えることでネコが変わって、
ネコがクラリネットふきを変えるという形なわけですが、そのまま変わったままで暮らすのも
一つのやり方なんですね。

魔女とシュークリームでは「食欲は命をないがしろにする魔女に勝てるか」という壮大なテーマ。
ここで話が脱線するんですが、鎌倉文学館にある大きなシュークリームのぬいぐるみすごいですね
あんなのあったらいいなあ。

以上以上。というような、感じのギャラリートークでした。
私の力不足で、こそあどの森の話の方が詳しく書いてしまいましたが、どちらもバランスよく
話されていました。
そしてどちらのお話も面白かったです。

ここまで書いて、展覧会の内容について触れてないという事実に額然となりました。
そうかギャラリートークだけでこの文字数か。

展覧会については、一言で済ませます。
公式ウェブサイトには詳しく載ってないが、コスプレコーナーのクオリティーが半端じゃないから是非行くべき。
二分間の冒険の怪獣、ポアポア、スキッパー、双子、トマトさん、スミレさん、ヤマダさんの庭があったよ。
posted by はぴたん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

皆さんも熱中症には気をつけて

正確には「皆さんは熱中症には気をつけて」ですね。
こんにちは、先日軽い熱中症で立ってられなくなったはぴたんです。

いいですかー、ちゃんと8時間睡眠取ってても、朝食を摂ってても
朝から水を飲まずに汗をかくとクラッと来ますからね〜。

という、注意喚起のための日記です。
読書日記は久しぶりに今週にでも書こうと思います。
posted by はぴたん at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする