2016年12月31日

*読書日記『X-01』あさのあつこ

多分、初のあさのあつこ作品。
バッテリーは冒頭部でドロップアウトしちゃってる上に
基本私は学校モノとか学園モノが好きでないので手が出なかったんですね。

X-01、エックスゼロワンと読みます。
近未来の日本に暮らす由宇と、全く別世界のラタという軍人の話が交互に紡がれます。

決して特別でない日常を過ごす由宇。
ある日、お父さんがX-01という単語を残して亡くなります。
お母さんはそれについて何か知っていそうですが、突然襲撃してきた
武器を持った人たちに抵抗して由宇を逃します。
ラタの住む世界が由宇の世界にどう絡んでいくのかが気になるところで
話が終わります。

ラタの世界に出てくるキャラクター達が若干流血女神伝を思い起こさせるのが
私としては非常に好みです。
軍師とかブレーンにあたる人々というのは女神伝のロイやX-01の
リャクランのような性格の方が描写しやすいでしょうか。

続きが気になるところで、巻末に紹介されているディストピアものっぽい
No6という小説にも目がいきます。
あさのあつこのファンタジー、もしかして自分の好みなのではと思わせるの
商売うまいなあと思います。
posted by はぴたん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする