2016年12月18日

毒親実家に行って疲れて帰ってきた

どうしてもハンコが必要な書類があって、そのハンコをもらうために実家に行った。
別に郵送でもよかったんだけど、実家から回収しておきたいものがいくつかあったので、
ついでに会いに行ってあげたという感じ。

私の目論見としては1時間で切り上げるつもりだったのだけど、近所に住んでる姉夫妻が
私が実家にいると知って襲来してきた。
母には実家に行く時間を前以て知らせておいたから、姉の襲撃は予想していた。
でもやっぱり疲れた。

昔書いた記事で、私の生物学上の父が亡くなった時の違和感について取り上げているんだけど
それに似た奇妙な感覚を味わってきた。

最近の子育て事情を知らないんだけれども、自分の子供ってさん付けで呼ぶのかな。
◎◎さんって。
なんか変だなと思った。
心の境界線がおかしい感じがした。
まだ生まれて何ヶ月の乳児だから、境界線なんてまだないんだけども。

あと姉が共依存っぽいなって感じがしたのが、何かエネルギーを注げるものに集中する感じ。
ずかずかと私のエリアに入ってきそうで嫌だった。

それから母親の態度。
いちいちこちらの態度を伺う感じがして、なんとなくこちらに罪悪感を抱かせる。
多分向こうは無意識的にやってるんだろうけど。
正月は帰らないからと宣言した時の悲しそうな顔、うんざりした。

もう何もかも嫌だった。
4時間くらいか、拘束されてしまった。
疲れたせいか帰る頃には私は変な躁状態になって、夜も寝付けずに今朝も5時ごろ起きてしまったり。
起きてそのまま裁縫を始めて12時間はひたすら裁断、ミシン、手縫い。
やっと昨日の感情を表現できるようになった。

昨日の私は頑張ったな。
ご褒美に大きな布を買ってぬいぐるみでも作りますかね。
部屋がボアの埃だらけになりそうだけど、別に構わない。
posted by はぴたん at 19:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 毒親 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする